『The Economist』誌に都市計画の記事

■ついでに今週の英『The Economist』を読んで初めて知ったのだが、米フロリダ州にはディズニーが作った人工の町「Celebration」というものがあるらしい。ディズニーが町を運営する会社を設立し、学校までが存在する。完全にfrom scratchで建設された町で、住宅の建築基準もことこまかく決められているらしい。
東京のど真ん中に住んで改めて感じるのは、居住区域と商業区域が入り乱れているために区画整理が一向に進まず、パリのような都市に比べると雑然としすぎているということ。筑波の例もあるので都市計画は何でもうまくいくとは限らないが、日本は土地に対する私権が強すぎるというのは確かだと思う。
そんな風に「東京は醜い」という話を、昨日、「英会話のジオス」でレベルチェックのために受けたインタビューテストでネイティブの教師と話したところだ。ちなみにレベルチェックの結果は、レベルが高すぎてこの教室には適切なレッスンがありません、とのこと。歩いて通えるところに英会話教室が見つかって喜んでいたのに...。自分でネイティブの友だちを作れ、ってことか。