中学時代のギター演奏録音

■ついにMDラジカセを購入。今ごろMDラジカセを買って喜んでいるなんて我ながら慎ましい生活だ。そこでカセットで持っているLED ZEPPELINなどの音楽資産をこの際すべてMDに落とすことを計画。カセットの山をあさっていたら高校二年生のとき文化祭で演奏したドヴォルザーク交響曲第9番『新世界より』第4楽章の生録テープが出てきた。オーケストラ譜から自分でクラシックギター用に編曲して演奏したのだ。まずはこのテープからMDに落とすことにした。
で、自分の危なっかしい演奏を懐かしく聴きながら、アンコールに演奏した坂本龍一作曲『ラスト・エンペラー』のテーマ(これも自分で編曲した)を聴き終わったとき、信じられないものが耳に飛び込んできた。おニャン子クラブ・国生さゆりのニッポン放送レギュラー番組『走れメロン』だ。
文化祭演奏当日の生録音用カセットテープは各自が自分で持ち込むことになっていて、たぶん高校生の僕は『走れメロン』の録音されているテープを持っていってしまったに違いない。一時は永渕剛のドラマで一流女優風を吹かせていた国生さゆりも今は安物のサスペンスドラマかバラエティー番組のリポーターでしか出てこなくなってしまったが、当時の僕はきっとファンだったに違いない。ちなみに『走れメロン』の後のラジオニュースにはレーガン大統領とゴルバチョフ書記長の会談が報じられていた。1988年のできごとである。
■区立図書館まで歩いて10分もかからないことが判明。これで書籍代がかなり浮きそう。さっそく仕事帰りに立ち寄って貸出カードを作り、ニクラス・ルーマン『社会の経済』、ジャック・デリダ『他者の言語』を借りた。この2冊でちゃんと充電しまっす!。