カサヴェテス『BIG TROUBLE』

■カサヴェテス監督『BIG TROUBLE』(1986年アメリカ・94分)をWOWOWで観た。引越しでWOWOWの視聴を再開したとき、ちょうどカサヴェテス特集をやっていたのだから僕はラッキーだ。前半は保険のセールスマンが詐欺師夫婦の策略に陥るという、まともな(つまりカサヴェテス的でない)ミステリーかと思わせておきながら、後半は思わぬ破天荒な展開、そしてようやく彼らしいドラマになって、「not the end」で終わる。この映画、彼の遺作なのだ。
■ISDNになった。アナログのダイヤルアップと比べてサーバに接続するまでが早いのでイライラさせられずに済む。やっぱり常時接続が恋しい。
■FRBが0.5%の利上げに踏み切ったが、今週号の『The Economist』はそうせざるを得ないだろうと予言している。問題はこれから。ソフトランディングできるのか、ハードランディングになるのか。