一目惚れの美容師さんともお別れ

■エイヤッ!と言うわけでGW中に引越すことに決めた。JR総武線沿線のこの町に住んだのはたった7か月だったが、それなりに快適な生活を送ることができた。近所にある行きつけの美容院でいつも髪を切ってもらっていた美容師さん。ちょっと天然ボケの入ったマイペースな人で、おそらく20代後半だろうか、ほんわかした雰囲気が良い。久しぶりに「一目惚れ」した女性。髪を切りに行って、ブローしてもらいながらGWに引越す話をした。もう最後ということで「ありがとうございました」とありふれたお別れをしてきた。ため息が出る。名前も知らないのだ。