NOVAのVOICEレッスンに入りびたりの週末

■この週末もNOVAのVOICEレッスンに入り浸っていた。今のところそれ以上に面白い週末の過ごし方がない。英語を話す快楽の他に、ふだんの生活で出会わない高校生・大学生との会話も良い。
週末は何もせずリラックスしたい人、週末こそ「充電」したい人、二つのタイプの人がいるだろうが僕は後者。可能な限り濃密な時間の週末を過ごしたい。それには本が最適。本屋に立ち寄るたびに読みごたえのありそうな本を探すが、休日にビジネス書を読むのもうんざり。ビジネスはcreativeに頭をつかう必要がないから面白くない。足は自然と哲学・思想のコーナーに向かう。
だが最近はこれといって読みたい本がない。そういうときは月刊『現代思想』をチェックしてみたりするが興味を引かれる特集が少ない。大学を卒業してから現代思想のトピックをフォローしていないのだから無理はない。強いて言えばジェンダー関連の話題に反応してしまう程度。
最終的に洋雑誌コーナーにたどりついて『The Economist』を買ってしまう。いっそ年間購読にしちゃおうかな。そういえば就職してしばらく『The Nikkei Weekly』と『NEWSWEEK』を購読している時期があった。それが今『The Economist』を読んで、ある程度楽しめるってことは僕の英語力は進歩しているということか?仕事は頑張っても顧客次第で成果が出ないこともあるが、英語はやればやっただけ成果が見える。短期的な目標中心に社員を管理するのもどうかと思うが。