佐伯啓思『ケインズの予言~幻想のグローバル資本主義』

■佐伯啓思『ケインズの予言~幻想のグローバル資本主義』(PHP新書)を読み始めた。本が山積みのデスクトップケインズの理論の根底にはグローバリズム批判があるという解釈が非常に面白い。ケインズを読みたくなった。なんてことを言っているから、気がつくと机の上に本が山積みになって全然片づかない。引っ越したらちゃんとした本棚を買おう。