『愛という名の勇気』を着メロ入力

■着メロが作曲できる携帯に買い換えた日に、さっそくS.E.Sのニューシングル『愛という名の勇気』を入力してみた。HIP HOPなので4部音符を3連符に分解すると、リズムがそれらしく聞こえるのだが、僕の持っている機種は、偶然にも1行が1小節分(つまり12個の音)になっているではないか。最大256音なのでサビの後半しか入らなかったが、なかなかよい。他にも『チューブラベルズ』(映画『エクソシスト』のテーマ)と、オリジナルのミニマルミュージックを入れてみた。
■あと驚いたのが、新機種ではスカイメールを入力するときに単語単位の仮名漢字変換ができるようになっていること。去年の機種は単漢字変換しかできなかったのに。情報機器の進歩は速い。
■パソコンでビーマニをエミュレーションするフリーソフトがあることを知った。しかもデータを差し替えるだけで Dance Dance Revolutionのエミュレータに早変わり。DDRマニアのサイトにはステップ譜が載ってるし...。やばい、と思いつつ、すでにジェニファーのNORMALのステップ譜を印刷して、必死で覚えようとしている僕がいる。
■コンタクトがずれてどこに行ったか分からなくなったときは、目薬を多めに点してうつむけば、重力の法則で定位置に落ちてきます。(今朝入れるときなくしたのかと思って、洗面所を必死でさがしまわりましたが、結局、目の中にありました)