フジテレビ系『恋ボーイ 恋ガール』のS.E.S

■今日のフジテレビ系『恋ボーイ 恋ガール』のエンディングでは珍しくS.E.Sのパダが三宅裕二としゃべってた。「最近おぼえた日本語は?」と聞かれて、彼女は「つ」の発音ができるようになったと答えた。S.E.Sのアルバム『REACH OUT』を最初に聞いたときも、正直いって作詞にもうちょっと配慮があってもよかったのでは?と思った。韓国・朝鮮の人は半母音ぬきで「つ」を発音するのが難しいようだからだ。どうしても「ちゅ」に近くなってしまう。それにしても『恋ボーイ 恋ガール』はS.E.Sの3人を撮さなすぎるぞ。もっとカメラで抜いてくれ!