大都市集中化提案

■待たずに電車に乗れるという当たり前のことがとてもうれしかった東京滞在(とくに笹塚での京王線と都営新宿線の乗継ぎ)。たとえ混雑した街でもそれを補って余りあるUtilityがあるってことだ。おそらく都市への人口集中は今後さらに進み、首都移転はますます非現実的になる。
そこで提案。首都移転とは逆に、大都市は徹底的に混雑させ、地方は徹底的に自然を残すってのはどうだろう。大都市は混雑すればするほど公共交通機関の投資効率が上がるだろうし、大都市集中が進めば地方の自然の観光資源としての希少価値はますます上がるだろう。日本中似たり寄ったりの風景になるよりは、その方が魅力的な「国土」になるような気がする。