四方田犬彦『漫画原論』

■四方田犬彦『漫画原論』(ちくま学芸文庫)を読み終えた。徹底した表層批評は、マンガをほとんど読まない僕をもウ~ンとうならせる。マンガにおけるコマの役割、速度や運動の表現、孫悟空という題材の変遷など、目の付けどころが鋭すぎる。マンガ好きの人はぜひどうぞ!