悩みがあるから相談したくなるのではなく

■昨日ある人と話していて、「誰かに悩み事とか相談したくなることってないの?」と聞かれた。たしかに自分をふり返ってみると、今まで誰かに悩みを相談したということがない。ほぼ自分で解決しているか、解決せずに回避している。でもその人はおそらく、相談する相手がいるから、他人に悩み事を相談したくなるだけであって、悩み事があるから、相談相手を探しているのではないはずだ。つまり原因と結果が逆になっている。僕の場合、悩みがあるのに相談相手がいないよぉ!と思ったことはあまりない。相談する相手がいないから、そもそも他人に相談するという発想そのものが出てこないのだ。
■4/20の日記についていろいろ反響頂いたが、この問題についてどう対処していくか、今後も継続して有効な対策を考えていきたいと思う。詳しいことは週明けにならないと書けないので、とりあえずそれまで待って頂きたい。僕は怒ると頭に血がのぼるのではなく、ますます頭が冴えてくるので、できるだけ実際に効果の出る手を考えたいと思っている。別に理不尽なことをされて打ちひしがれている訳ではないので、誤解なさらぬよう。こんなことで黙って引き下がるほどヤワじゃない。