卑劣なやり方で無理強いされた

■今日は非常に卑劣なやり方で無理やり言うことを聞かされた。憤りを通り越してただただあきれる。読者の中には僕の勤務先をご存知の方もいるので、会社の名誉のために言っておくと、これは僕の会社ことではない。別の団体だ。ただし今これを書くと法律に触れる恐れがあるので来週書くことにする。日本語ではなく、世界向けに英語で書いて『TIME』誌にでもメールで送ってみたい。それまでに何らかの圧力があって断念せざるを得なくなれば、そう報告したい。僕は自分が正しいという自信がある。