Steve ReichのCDを3枚購入

■何事もやる気になったときがチャンス、というわけで今日Steve ReichのCDを3枚購入。HMVのクラシック・コーナーに入ると、なんとReichのCDばかり集めた臨時の棚が設置されているじゃあ~りませんか。さすがHMV!『Reich Remixed』はかなり話題になっていたんだなぁ。
購入したのは『Early Works』『Different Trains』『Music for 18 Musicians』。しかも最初の2枚はSpecial Priceでたったの1,490円。めちゃ得した気分。『Early Works』はライヒ初期の作品集(1965-1972)でぶったまげの内容。今から30年前にすでにサンプリング・ミュージックは存在したのだ。『Music for 18 Musicians』は1974-1976年の作曲でライヒ前期のミニマル・ミュージックの集大成。3枚の中では一番好き。いろんな楽器の音色と無機的なリズムが延々と続く。よくよく耳をこらして聴かないと、フレーズのパターンが微妙に変化しているのに気づかない。この緻密な繊細さがたまらん。『Different Trains』はクロノス・カルテットの演奏だが、やや描写的なのでいまいち。同じCDに収録されているパット・メセニー演奏の『Electric Counterpoint』はよろしい。この3枚があれば当分は幸せな日々。