天才肌の歌手RuRu・S.E.S『めぐりあう世界』

■下にも書いたがcorporate financeの定番の教科書を教えてくれた読者の方(同じ大学の先輩)。こういう風に、何か勉強したいと思ったとき的確なアドバイスをくれる人が身近にいないのが、僕にとってサラリーマン生活で一番困ることだ。今まで小学校から大学に到るまで、担任の先生や同じ研究室の仲間など、僕より一歩前を進んでいて、良いアドバイスをくれる人が必ずいた。ところがサラリーマンになってからは反面教師ばかり(ゴマスリのうまい人はたくさんいる)。向上心のある人が孤立するサラリーマン社会って、何なの。
■恒例の(?)ASAYAN日記。つんくの新ユニットに僕が一番入って欲しいと思ってた人が入った。RuRu。やっぱ歌が抜群にうまい。ああいう天才肌の人っていいなぁ。
■実は僕の住んでる独身寮は引越の季節。新入社員用の部屋を確保するため「ところてん式」に寮の部屋を移らなきゃいけない。で、引越代を節約するためか、管理人にリアカーを借りて夜中まで新入社員用の寮とこの寮の間を何往復もしてる人がいる。まだ終わってないみたいで、廊下に荷物が置きっぱなし。本人は疲労困ぱいしてる様子。
でも、引越屋にたのんでも1万円かからないんだよ。だって二つの寮の距離は100mもないんだから。僕が同じように2年前にここへ引越したときは、「赤帽」さんに1万円で頼んで30分で完了したよ。せっかくの土日、引越のために勉強時間をつぶされるくらいなら専門家に頼んでテキパキやってもらった方がいい。それが分業社会の「合理的選択」ってもんだ。やっぱ日本企業のサラリーマンって、合理性より「苦労性」なのかなぁ。
■S.E.Sの『めぐりあう世界』なんてFMでもめったにかからない曲が流れてるなぁと思ったら、僕が座ってたのはロッテリアの中だった。なるほど。韓国では日本文化が徐々に解禁になるらしいけど、日本で韓国POPSの人気が出るのは難しいだろうなぁ。だってHEY^3で『めぐりあう世界』を初めて聴いてからもう4か月ぐらいになるぞ。スージー・カンさんも最近見ないし。