トリュフォー『終電車』『柔らかい肌』

■トリュフォー『終電車』(1981)『柔らかい肌』(1964)を観た。これでトリュフォー作品はあと『華氏451』(1966)『黒衣の花嫁』(1968)『水の話』(1958)『あこがれ』(1957)の4本だけ。でも全部観ちゃうと人生の楽しみがなくなっていまいそうで、コワい。小津安二郎を全部観切ったときもちょっと寂しい感じがした。
■ついに日経新聞朝刊の『春秋』に宇多田ヒカルが登場。

トリュフォー『終電車』『柔らかい肌』」への0件のフィードバック

  1. 映画のブログ

    『東京の合唱』 弁士という映画作家

     実験的な作品かも知れないと予想はしていたが、声がなく音楽もなく効果音すらないのには驚いた。
     ミニシアターで園子温監督の『愛のむき…