ポール・クルーグマン『グローバル経済を動かす愚かな人々』

■先日このページで『クルーグマン教授の経済入門』を紹介したばかりだが、そのエッセーで僕が要約した例の子守りクーポンのたとえ話、さっそく翻訳が出たのでぜひご一読を。昨日あたりから書店に並んでいるクルーグマン教授の新しい訳書『グローバル経済を動かす愚かな人々』(三上義一訳 早川書房)の145ページにある。翻訳はあまり良くないが、クルーグマン教授から学べるものに比べれば定価の1800円はべらぼうに安い。