大須でNECモバギMC-MK11のDOS化

■今日は一日、愛用しているNECのモバイルギアMC-MK11のDOS化でつぶれた。デスクトップで使ってるコンパックのPRESARIOとモデム直結でデータ交換できるように設定して、大須(名古屋の秋葉原のような場所)へ出かけてフラッシュメモリ30MBを2万円ちょうどで購入、懐かしのDOSツール、FD(ファイル管理)やJED(日本語エディタ)をインストールして、デフォルトの日本語FEPをDOSからも使えるようにして、じゃじゃーん!電池で動くDOSマシンのできあがりぃ~!
ついでにPPP接続ドライバも入れてなんとかニフティーのROAD7からダイアルアップできるようにまではしたけれど、lynx(テキストベースのWebブラウザ)がうまく動かない。たぶんDNS設定あたりがまずいんだと思うけど、また明日だな。デフォルトの日本語変換は効率が悪いので、ATOK8買っちゃおうかなぁ。本当は東芝のLibrettoでも買ってモバイルでWindows95と行きたかったけれど、不況の折、どうせ外ではエディタくらいしか使わないのでDOS化モバイルギアで我慢することにした。でも愛用のモバイルギア(メインメモリがたったの640KB)でDOSが走ると、ちょっと感動しちゃうよ。