名古屋にいること自体がハンデ

■名古屋で3か月くらい探していたCOBOLの洋書が、出張で出かけた東京に到着して15分であっけなく見つかった。いったいこの情報格差は何なの?システムエンジニアにとっては、名古屋にいること自体がハンデだよ。