ニン・イン『北京好日』

■ニン・イン監督『北京好日』1992年:香港と中国の合作だが、エンターテインメント作品ではない上質の映画。隠居生活をおくる老人たちが、京劇サークルに集う。そこで起こる小さなドラマ。ぴあシネマクラブの解説によれば、ニン・イン監督はベルトリッチのもとで修行していたという。
街のお祭りで老人たちが京劇を発表するその舞台裏、TV局の取材をうけて一人ひとりが京劇への思いを語るシーン。TVカメラの見た目ショットになって老人たちの生き生きした表情をとらえるシーケンスはイタリアのネオリアリスモを思わせた。冒頭の長回しにも注目。ひじょうに洗練された語り口。とっても映画らしい映画でお気に入りだ。