大阪キタにディアモールなんてのが

■昔からそうだが、答えの分からない問題を抱えると、いつもひとりで悩むハメになる。調べてわかることならまだしも、そうでない場合はただ途方に暮れてしまう。慣れているとはいえ、そのたびに自分の人生を丸ごと疑問に付さなければならないので、疲弊する。
■関西在住の方はご存知のとおり、大阪キタの繁華街は阪急・阪神の両百貨店で二色に塗りわけられている。庶民派阪神とハイソな阪急の対比は見事で、阪神百貨店のレストラン街のセンスの悪さといったら天下一品。真剣に顧客満足を考えているとは到底考えられない。その分、気取らずに食事ができるとも言えるけれど、デパートのレストランが「デニーズ」以下でどうする?
■大阪はちょっと見ない間にいろんなものができて、半年に一度訪れるくらいじゃ全くついていけない。そこが名古屋との違い。キタにディアモール大阪という、採光窓のある明るい地下街ができた(といってもかなり前らしいが)。中学時代から、大阪駅前ビル地下街の、いかにもサラリーマンのオッサン臭い商店街のつくりが気にくわなかったんだけど、この「ディアモール大阪」のおかげでイメージがガラリと変わった。どうやら阪神百貨店グループのようだ。「ディア(dia)」だからてっきり三菱地所だと思ったぞ。なんだ、がんばってるじゃん、阪神百貨店(でも、この阪神百貨店のサーバ、重い!!)。
■いずれにせよ「名古屋・栄が日本一の地下街だ」という主張は明らかな誤りである。
■シェーバーを松下電器製のスケルトンモデルに買い換えた。水洗いできちゃうのがすごく便利(当たり前か)。本体も涼しげで気に入った!