沖縄の心情を無視した基地問題報道

■最近の沖縄県基地問題の報道は、ちょっと沖縄の人がかわいそうなくらい「本土びいき」だ。普天間を廃止する代わりにヘリポート建設というのは、ガンを治してやるかわりにエイズを染(うつ)すぞ!と脅しているようなものだ。「本土」でどこも基地受入れしなかったせいで、結局また沖縄に疫病神を押しつけておいて、それを太田知事が拒否したら「わがままだ」と中央の政治家が言う。わがままなのは中央の政治家の方だろう。
いままで20年以上も基地のために苦労してきた沖縄の人たちの心情をまったく無視して、太田知事を「わがまま」よばわりする権利が彼らに(そして僕らに)あるだろうか?まず沖縄振興策を可決して、それから代替案を太田知事と話し合うのが、沖縄の人たちにたいする「礼儀」というものだろう。