F・キャプラ『奇蹟の処女』

■F・キャプラ『奇蹟の処女』1931年米。教会の炎上シーンなど派手な面はあるけれど、後期の作品に比べると地味な社会派ドラマ。