男性が女性的に生きることへの不寛容

■女性が男性的に生きることに対する社会の目よりも、男性が女性的に生きることに対する社会の目はかなり厳しい。このことは、日本の社会が本質的に「女ぎらい」であることを示している。