ウォン・カーウァイ『欲望の翼』

■ウォン・カーウァイ『欲望の翼』:3回目。1回目は学生時代、池袋の今はなき文芸座。2回目はその後すぐ。香港映画はカンフーだけではないと知った初めての作品。それも映画マニアの友だちのおかげ。新しい世界を僕に見せてくれるような友人は、退屈でみな似たりよったりのサラリーマンの中にはいないだろう。