『Le Monde』にトヨタ工場建設記事

■ひさびさに Le Monde Edition internationale (Selection Hebdomadaire) を買った。たった270円でフランス人になれるので、お得。
ひさびさに買った理由は、1面トップが、トヨタのフランス・ヴァランシエンヌ工場建設決定だったから。イラストの日本人が、あいかわらず細目・出っ歯なのには辟易だが、クレッソン時代に日本人を「アリ」呼ばわりしたフランス人も、トヨタが失業問題の救世主であることはいなめない様子。豊田市のレポートまで添えられていた。
ちなみにIMFによる韓国支援や、日本の10兆円景気対策の記事(山一自主廃業にも触れられている)もあって、アジア経済の失速はフランスでも関心が高いみたい。
他には、100フラン紙幣がセザンヌの静物画になるらしい。文化面はなにやらベルイマンの隠れた傑作が見つかったとかいう話らしいので(まだ見出ししか読んでません)あとでじっくり読みます。